FXはローコスト

FXの魅力の一つとして、手数料などのコストが安いという事が挙げられるでしょう。 外貨預金などの場合ですと、円を米ドルに替える時に為替手数料が1米ドルごとに1円発生します。

また米ドルを円にするなどして往復した場合には、合計で2円の為替手数料が発生するのです。 最近ではその様な為替手数料を安くした銀行も登場してきたのですが、それでもFXほどローコストという訳ではありません。 何せFXの場合は、為替手数料が無料のところも存在するくらいですから。 通常は、往復で10銭程です。 FXの場合はその為替手数料の他に、スプレッドというコストが発生するのですが、それを加えたとしても1米ドルあたりのコストは12銭程です。

この様にコストが安いので、FXの場合は僅かな値動きであっても利益をあげる事が可能です。 また、FXは自由度の高い取引ができる事でも知られています。 FXですと外貨の買い以外にも売りができるので、今後円高が加速するとなれば予め外貨を売り、そして円高が進んだときに外貨を買い戻すといった事を行えば、その差額が自分に利益になるのです。 この様な点に惹かれてFXを始める方もきっと大勢いらっしゃるのではないでしょうか。